2009年11月07日

鍼治療5回目

今日は5回目の鍼治療。

最初に電車の回数券を買ってしまったため使い切るまで電車でしたがやっと使い終わったので今日から車です。

電車より少し時間がかかったもののシャロンが暴れても周りを気にしなくていいので気分的に全然楽でした。早速病院に到着。

待合室でのシャロン君。

DSC02056.JPG

そしてジャンボ君のお出迎え。
いらっしゃ〜いいい気分(温泉)


DSC02058.JPG

眠いです眠い(睡眠)

DSC02059.JPG

鍼治療の様子

DSC02062.JPG

今日も先生と熱いトークで盛り上がりました。
また待合室で今日が初診のダックス君がいました。飼い主さんに話を聞くとシャロンととても境遇が似ていて、本当に治るのか不安な様子でした。

そこで私たちも1ヶ月前は同じ状態であったこと、そして今はこんなに回復してきたことをお話ししたらとても喜んで希望をもってくださいました。何と言っても生き証人ですから説得力があったのかもしれません。

他にもダックスが4組いましたが本当にダックスにヘルニアは多いと感じさせられました。でもみんなこの病院に出会えて本当に良かったです。

愛犬がヘルニアで苦しんでいる飼い主さんがこのブログを見ているならば、手術の前に是非とも鍼治療を試していただきたいと思います。

■本日のお代
診察料:300円
鍼灸治療:5000円
消費税:265円
合計:5565円
posted by パチ at 00:00| Comment(9) | TrackBack(0) | 鍼治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今回は車ですね!
パンチは車酔いするんですよ・・・シャロン君は大丈夫ですか??
パンパパの実家のゴン太もダックスです。
ヘルニアって不安な病気ですが、こうやってシャロンが回復してく姿をみると、同じ病気で悩んでる飼い主さんは励まされますね!
Posted by キアラ at 2009年11月08日 20:12
>キアラさん

シャロンは車酔いしてるのか分かりませんが落ち着かない時とおとなしいときと差が激しいですね。でも吐いたりはしないから車酔いではないのかな?

シャロンもまだ完治ではないのですが、早くパンチ君と遊べるよう祈りつつ頑張っていきます!
Posted by パチ&ノン at 2009年11月08日 20:43
はじめまして^^

シャロンちゃん、回復が早くて良かったですね〜☆
うちの子も、今朝、突然立てなくなってしまいました。。(TT)

本日、診察していただいた病院でステロイド投薬を勧められ、そのまま入院となりましたが、初めてお家を離れ、ひとり不安でたまらないだろうと眠れない思いです。治療方法にも迷いがあり、鍼灸治療を調べていてオーシャン動物病院を知り、さらに、オーシャンで治療なさった方の情報を検索していてこちらへ辿りつきました。

心配しながら泣いているより、明日、迎えに行ってオーシャンの鍼治療を受けたいと思っています。お近くにお住まいの方が通院なさっているとわかり、勇気づけられました。(こちらは辻堂です)

シャロン先輩!いろいろ教えてくださいね☆
我が家の茶々丸共々、どうぞよろしくお願いいたします。
Posted by marian at 2009年11月16日 02:09
迎えに行ってまいりました!
「治る可能性が断たれてしまいますよ」と脅しに近いことを言われましたが、鍼治療を看板にしてる病院なのに何故ステロイド?と疑問をぶつけながらも、強い口調に迷い、、鍼治療にも限界対象があるのか・・と泣く泣く置いてきてしまった私が大バカだったと逆にわかり、おうちで安心して眠っている子の顔を見ながら猛省しています。
Posted by ちゃちゃ at 2009年11月16日 21:59
>marian さん

はじめまして。
ブログを見てくださりありがとうございます。

>うちの子も、今朝、突然立てなくなってしまいました。。(TT)
>本日、診察していただいた病院でステロイド投薬を勧められ、
>そのまま入院となりましたが、初めてお家を離れ、
>ひとり不安でたまらないだろうと眠れない思いです。
今は不安や焦りなど心配でたまらない状況だと思います。
シャロンも発症前日までソファーに飛び乗ったりしていたので
私たちもいきなりの出来事にパニックになったことを今でも鮮明に覚えています。

ブログでも書きましたがシャロンも最初の病院で入院となりましたので
不安な思いをさせてしまったと思います。

>鍼灸治療を調べていてオーシャン動物病院を知り、さらに、
>オーシャンで治療なさった方の情報を検索していてこちらへ辿りつきました。
ありがとうございます。
私たちもブログを立ち上げることによって同じ境遇になってしまった人たちが
手術という選択をすることなくオーシャン動物病院にたどり着いてくれれば
という思いだったのでとても嬉しいです。

>心配しながら泣いているより、明日、迎えに行って
>オーシャンの鍼治療を受けたいと思っています。
私たち家族も何でこうなったのかパニックでオーシャン動物病院に
たどり着くまでの2日間は心配で涙が止まりませんでした。
でもオーシャン動物病院に行けば不安は吹き飛びますよ。

私たちの地域からは少し遠いですが、基本的に週1回の通院で済みますし
針治療の場合、リハビリも特に必要ないので本人(犬)にとっても飼い主にとっても
負担はかなり少ないと思います。

>シャロン先輩!いろいろ教えてくださいね☆
>我が家の茶々丸共々、どうぞよろしくお願いいたします。
こちらこそよろしくお願いします。
多少回復するまではトイレの世話が大変だと思いますので、
絨毯などがある場合、一時的にとったほうがいいかもしれません。
経験上からしかアドバイスできませんが、何かわからないことがあれば
聞いてください。

ちなみに、院長の平先生はとても面白い先生ですよ。
(事前にそういうことを言ってハードルをあげないでくださいと言われてますが・・・)
ただ相当なマシンガントークなのでそこだけ気をつけてください(笑)


お互いにがんばりましょう。


と、ここまで書いて最新のコメントを拝見しました。

>「治る可能性が断たれてしまいますよ」と脅しに近いことを言われました

どこの病院かは分かりませんが、私たちも最初の病院で似たようなことを言われました。でも人間でもセカンドオピニオンがあるように犬でもあって然るべきだと思います。

オーシャンの先生は必ず治りますと力強く言ってくれます。この言葉に私たちはどれだけ救われたことか。そしてそれは誇張でも何でもなく本当のことでした。私たちは子供たちが心配しているので一度連れ帰ってあわせてあげたいと伝え連れ帰りました。今通われている病院の先生の心証をあえて悪くする必要はないと思いますので、丁重にそして強い意志を持って連れ帰れば良いと思います。

>鍼治療にも限界対象があるのか・
これについてはオーシャンのホームページに書いてあることを引用させていただきます。

「「鍼灸適応症であればすべての仔が鍼で治り、鍼灸適応症でなければどのような優れた鍼を施しても治らない。」これが事実であり、それ以上でもそれ以下でもありません。」

シャロンを見ていると鍼治療には限界が無いように思います。
今一度オーシャン動物病院のホームページのQ&Aなどを読むことをお勧めします。きっと心に力をもらえますよ。そして何よりも飼い主の私たちが必ず治ると信じてオーシャンに通うことが茶々丸君にとっても最高の選択だと確信しています。

返信に多少時間がかかってしまいますが何かあればまたコメントください。

Posted by パチ&ノン at 2009年11月16日 23:04
>marian さん

11/21(土)11:30〜私たちはオーシャンの予約を入れているのでもしお時間があうならそこで詳しいお話もできると思います。まずは今の病院から連れ戻してオーシャンに行きましょう!
Posted by パチ&ノン at 2009年11月16日 23:23
おはようございます。

>オーシャン動物病院に行けば不安は吹き飛びますよ。

ハイ!似たような経過をたどったシャロンちゃんのご両親様から、こうしてお声をかけていただき、すでに不安が遠のいていっております。

経験者でなければわからないツボ(?)を押さえたアドバイスや励ましのメッセージ、ほんとうに、ほんとうにありがとうございます! とても参考になり、同時に安心と希望も頂戴いたしました。

入院していた病院には「早急な治療とたくさんのご助言をいただきありがとうございます」と丁重に御礼の言葉を添えつつも、ステロイド治療をしたくないことを気持ちのままはっきりと伝え連れ帰りました。シャロンちゃんのことを拝見し、勇気をいただいたお陰です。

そばに相談する相手もなく、疑問と迷いが交錯し、判断が鈍ったものですから、オーシャンの平先生に、わが子のため、正しい判断のできる知識を前もって身につけていないことがそもそもダメ親の典型だ!と叱られましたが、、^^;; 先生の患者(ワンコ)への愛情があふれるほど伝わってまいりました。

11/21(土)11:30〜いらっしゃるのですね。チャチャも1日入院してのステロイド投与があるので、すぐに鍼治療していただけないのかも知れませんが、11/19(木)に初診です。

今回は予約日が違いますが、お目にかかれる日を楽しみにしています♪

Posted by marian at 2009年11月17日 10:59
>marian さん

こんばんは。

>オーシャンの平先生に、わが子のため、正しい判断のできる知識を
>前もって身につけていないことがそもそもダメ親の典型だ!
>と叱られましたが、、^^;;

我が家も最初は同じように叱られました(^_^;)
でも先生の言うとおり正しい判断のできる知識を持たずに手術をしてしまっていたらと思うと
取り返しのつかないことになるところでした。

ペットはしゃべれないから飼い主である私たちがしっかりとした知識をもって
病院や治療方法を選択する必要がありますよね。
今回のことを通じて私たちも色んなことを学びました。

初回は鍼治療が無いかもしれませんが先生を信じてお互い
しっかりと治療していきましょう。
Posted by パチ&ノン at 2009年11月17日 22:24
おはようございます^^

昨日、電車に乗っていってまいりました!
ステロイド投与から3日間あいており
初診から鍼治療していただけました。

退院後、ステロイドが抜けはじめたかな?(水分摂取量で判断)と思う頃より、左うしろ足に力が入りはじめ、自力で立ち上がることは出来ませんが、歩きたい気配をみせはじめました。外につれて行くと、気が揚がるのか、ヨタヨタしながらも介助しながら歩を進めていました。

そして昨日の鍼治療後、床に下ろしてあげると、アンバランスながら、いきなり自力で歩きはじめたのです☆ トトトトトッと躓きそうな足運びでしたが、もぉ〜〜びっくりするやら、嬉しいやらで「先生!あるいてますぅううっ」と大声を出してしまいました(笑)

ほんとうにミラクルですね☆ 大多数の獣医師に常識とされている治療ではありえないことです。たとえ歩けないままでも愛する家族、茶々丸に変わりはないのだから、生涯大切にしようと思っていましたが、歩けるようになる!と確信した瞬間でした。

こうしてブログでシャロン君の様子を知り、行動してあげられたお陰でこの喜びがあります。喜びを共有できるよう発信してくださったパチ&ノンさんに感謝しつつ、私たちの仔が幸いにも巡り合えた医術を、もっともっとたくさんの親子さんに知ってもらえることを、次は私もしなければと思っています。

シャロン君は毎週土曜日に通院ですね?茶々丸は平日が多くなりそうですが、是非、お目にかかりたいのでメールアドレスを入れておきます。よろしければメールくださいね。
Posted by marian at 2009年11月20日 09:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/132341299
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。